ヒト幹細胞培養液入り化粧品

最近話題のヒト管細胞培養液入り化粧品、新製品がまた出ましたね。ファンデーションなのにヒト幹細胞培養液や、ビタミンC誘導体、潤い成分が配合されたというもの。
つまり、最新の美容液成分たっぷりで、ファンデーションなのにつけている間にお肌のケアをしてくれるんです。

しかもヒト幹細胞培養液もビタミンC誘導体も、両方ともここのところ化粧品業界では大モテ。話題で人気の成分ですね。それが1本で試せるのもお得です。

だいたい、ファンデーションにお肌のケア成分が配合されていて、しかもその上にたっぷりの保湿成分でつけている間に保湿も出来るなんて、これって画期的。
なぜって、実は子供の頃から乾燥肌ですぐに痒くなっていたので、ファンデーションというと、そもそもの考え方が「粉っぽくて乾燥が余計に進む気がする。お肌にいいわけがない」というイメージだったのです。
リキッドファンデでも、「塗り込め感がひどい。皮膚呼吸が出来ないのもお肌に良いわけがない」だったんですよね(笑)。

今回の新製品で、その概念がちょっと180度違転換したかも。

しかもファンデーションなのに1本でいろいろな役をこなしてくれるそうで。お手入れが簡単になる。
化粧水・美容液・化粧下地・コンシーラー・日焼け止め・ファンデーションの役割を1本でこなしてくれるスグレモノだそうです。

これなら洗顔の後これ1本でメイクが完了してしまいますね。あとはアイメイクやリップなどポイントメーク、それで完了。忙しい朝にすごい時間が節約できます。

しかもこれ1本買うだけで、いろいろ買わなくて済むのもいいですね。

確かにファンデーションとしては値段がちょっとお高めなんだけど、他のものを買わなくていいから、その分、実はかえってコスパも良い。そういう意味でもとても興味を引くファンデーションです。

このページを読んで、「あ、私もすごく気になる」と思われたかたは、こちらのサイトが参考になります。チェックしてみてくださいね。

どうせ乾燥する?固形石鹸へのイメージが覆された話

私は洗顔は、中学生の頃からずっとチューブタイプや泡で出てくるポンプ式を使用していました。
固形石鹸というと、乾燥するイメージや、父や祖父母が使っていたので、若い女性が使う商品というイメージとも程遠かったのですが、
最近海外のコスメショップでの口コミがあまりにも良いので、試しに手に入れたアメリカのブランドの固形洗顔料を使い始めてから、そのイメージが覆されました。

種類は二つ、私は朝夜分けて両方とも使用しています。
開いた毛穴、詰まった毛穴、古くなった角質による顔色の悪さ、くすみ、が私の普段気になっている肌トラブルですが、
特に使ったあとは肌色もワントーン上がり、角質が綺麗に落ちた感じがします。

泡立ちがいいわけでもないし、香料も入っていないので良い香りもしないのですが、
何故か洗い上がりは全く乾燥していませんし、化粧水まで焦らなくて良いのはありがたいです。
洗顔料には色々なタイプや種類があり選ぶのに苦労する人も多いです。お試しをしたくても、肌トラブルの原因となることがあるので、安易試せない現実もあります。

そこでまずは、自分の肌の状態を知ることが大切です。一例として敏感肌なのであれば無添加の物を選ぶ必要があります。
選ぶときは雑誌やインターネットなどの口コミを参考にできます。
しかしながら、口コミが上位だからといっても自分に合うとは必ずしもいえません。
ですから、使用にあたってある程度の成分を確認しておくと肌トラブルを回避できます。

アレルギーテストをしておくこともお勧めします。そうするなら、どの成分で肌にトラブルが生じてか前もって知れます。
使う場所や好みによって選ぶタイプが変わります。例えば、シャワーの時に使用するなら濡れた手でも使えるものを選びましょう。
このように、事前の下調べピッタリの洗顔料を見つけられ、肌トラブルを事前に防げます。
それでも肌トラブルが生じてしまったら自己治療せずに皮膚科医に相談してください。

スキリスの口コミで、すごい効果的だったと大評判!